イメージツールバー&右クリ無効

大王マントル新規取扱店のご紹介 - mountain mountain factory様

またまた新たに大王マントルを取り扱って頂けるお店ができましたので、ご紹介します。

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

実店舗販売としては11店舗目になり、愛知県内のお店です。地元です、ヤッター!
お店は名古屋市昭和区にあるmountain mountain factory様です。先月の6月に店舗をオープンさせました。取扱い商品はキャンピングギアをはじめ、ビンテージ雑貨やインテリア用品が中心です。味わいのあるバイクもありました。もちろん、オールドコールマンのランタンやストーブ、それにジャグ類も扱っています。あとペトロマックスのランタンも。オーナー様は米国へ買い付けに行くそうで、アメリカのオールド用品が所狭しと並びます。私が訪問した時は、平日昼間というのに、続々とお客様が入ってきました。東海地方にお住まいの方、是非一度ご訪問ください。
以下、お店紹介より抜粋
「自分が使いたい。そんなモノだけを集めた無駄goods屋です。外遊び、アウトドアをコンセプトに、アウトドア雑貨、インテリア雑貨、アンティーク家具を輸入販売」

mountain mountain factoryクリックでホームページへ 
facebook インスタグラム
〒479-0832 愛知県名古屋市昭和区白金2-14-5
mountain mountain factory
TEL:052-881-1006  info@mtn-mtn.com

mountain mountain factorymountain mountain factorymountain mountain factorymountain mountain factorymountain mountain factory

それでは、mountain mountain factory様をどうぞよろしくお願い致します。

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

 

全国の大王マントル取扱店はこちら

 

おわり

 

ばいてん 区切り 00:00 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

大阪イレクターズ様のイベント「第2回大即売会」に出店してきました

2017/6/30:コールマンジャパン営業本部長さまとの会話を中段に追加しています。

 

6月24日(土)-25日(日)に大阪のイレクターズ様「第2回ビンテージコールマン大即売會」にて出店してきました。大即売会とは米国のあるコレクターからオールドコールマン約1,000台を買い取り、国内で販売する第二弾のイレクターズ様のイベントです。当店「オールドコールマンばいてん」では、その隣で、未整備コールマンの無料診断、大王マントルやパーツ類などを販売してきました。

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

まずは、オープン前の会場の様子です。今回も大量のオールドコールマンがあります。

イレクターズイレクターズ

コールマンのヴィンテージテント。今ではランタン以上の価値があります。

イレクターズ

イレクターズ

イレクターズ

200Aコーナー、たくさんあります。

イレクターズ

AGM製のランタンもありました

イレクターズ

242系コーナー、こちらも充実しています。

イレクターズ

ダブルマントルコーナー、カナダコールマンもあり、上段はレアモデル。

イレクターズ

人気のシアーズも売れていました。

イレクターズ

ジャグコーナー。

イレクターズイレクターズイレクターズ

ばいてんブースです。

【追加】ちょっと驚いたことがありました。当日はコールマンジャパンの取締役営業本部長(現場のトップ)のKさまの訪問が会場にありました。私とは関係ないし、はじめは遠くから見ていたのですが、「ん?こっちくる、なんで?」、とうとうばいてんブースに来られました。うそ〜と思いつつ、早速、ごあいさつと名刺交換。その間、私の頭の上には「??!!」マークだらけ。さらに驚いたのは私の名前を知ってるとか。うそ〜、なんで知っているの?。ひょっとして、大王マントルが21Aと競合するので、「おとしまえ」をつけにきたか、もしくは、いやみの一つでも言われるかと思いましたが、

私「すみません、競合のマントルを派手に売っていて。でもこれ本当にいいんです」

本部長さま「いえいえ、うちとは関係のない商品ですから気にしていませんよ。」

私「ほんとうですか」

本部長さま「そうですよ」

ということで、本部長さまには結果的に「純正21A競合の大王マントル売っています宣伝」することができました。よかった、よかった。その後、なぜか、コールマン製品の2000ジェネ欠品事件や508ジェネ生産終了について、はじめは言うつもりはなかったのですが、コールマンの決定にストレスがたまっていたせいか、気付いたら、ドバァーと部長さまに言っておりました。最後は我に返り謝罪&謝罪、我を忘れ申し訳けありませんでしたm(__)m、という一幕も一日目にありました。

イレクターズ

マントル始め、イベント価格にて販売。

イレクターズ

今回もたくさんの方がオープン前に並んでいます。

イレクターズ

ランタンカフェさん、オープン前からコーヒーを求める方で忙しいそう。

イレクターズ

オールドストーブもあり

イレクターズイレクターズ

ここから2日目ですが、会場ではランタンやランプを点火して盛り上げています。

イレクターズ

サインボードは味がありますね。

イレクターズイレクターズ

2日目も多くのお客様の来場がありました。

イレクターズ

スタッフの皆さん、まもなく終了の時間で、ランタン談義が盛り上がっています。

イレクターズ

最後に大前さん、今回も出店の声をかけて頂き、ありがとうございました。スタッフの皆様、お疲れ様でした。大変貴重な経験ができ、感謝です。

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

おわり

↓↓↓  ヤフーの月々の会費支払いで、Tポイント貯まっていませんか ↓↓↓
↓↓↓ ばいてんヤフー店ではTポイントが使えます・貯まります ↓↓↓
Tポイント
↓↓↓ ショップご紹介 オールドパーツ取り揃えています(今年のNewかんばん) ↓↓↓ オールドコールマンばいてん

 

訪問記 区切り 00:00 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

大阪のイレクターズ様「第2回ビンテージコールマン大即売會」に出店します

お知らせです。6月24日(土)-25日(日)に大阪のイレクターズ様「第2回ビンテージコールマン大即売會」にて出店してきます。

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

イレクターズ様でランプやランタンを販売されますので、こちらは、大王マントルやパーツ販売、それにメンテ相談をしてきます。関西にお住まいの方、是非お越しください(写真クリックでイレクターズ様のブログを表示)。

イレクターズ

 

第一回の様子はこちらです(写真クリックで記事を表示)

イレクターズ

イレクターズイレクターズ

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

おわり

↓↓↓  ヤフーの月々の会費支払いで、Tポイント貯まっていませんか ↓↓↓
↓↓↓ ばいてんヤフー店ではTポイントが使えます・貯まります ↓↓↓
Tポイント
↓↓↓ ショップご紹介 オールドパーツ取り揃えています(今年のNewかんばん) ↓↓↓ オールドコールマンばいてん

訪問記 区切り 09:34 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

大王マントル新規取扱店のご紹介 - 海援隊様

またまた新たに大王マントルを取り扱って頂けるお店ができましたので、ご紹介します。

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

実店舗販売としては10店舗目になり、初の地元のお店です。
お店は愛知県常滑市にある海援隊様です。営業は前から行っていたそうですが、この春に店舗をオープンさせました。ミャンマー産コーヒーがとてもおいしい喫茶店が併設されています(ほんとコーヒーはおいしかったです。これだけでも訪問したいくらいです)。取り扱う商品は欧州製のオールドランタンで、珍しいモデルばかり。ランタンの販売も行っていますが、修理専門です。パーツが入手できなければ、オーナー自ら旋盤で作っちゃう、そんな職人のお店です。

以下、HPより抜粋です。
「ランタン&ストーブカスタムパーツ製作販売、オールドランタン&ストーブ修理、主にヨーロッパの火器修理を得意としております。当方の300点以上のランタン&ストーブコレクションがあるので、それを元に出来るだけオリジナルに忠実にレストアをしております。他店で断られたランタン&ストーブも復活するかもしれませんね。お気軽にご連絡下さい」東海地方にお住まいの方、是非一度ご訪問ください。

海援隊 クリックでホームページへ

こちらはブログ

〒479-0832 愛知県常滑市原松町4-19
オールドランタン&ストーブ修理販売 「海 援 隊」
Tel/Fax: 0569-34-7050  kaientai@treat97.jp

 

先日、訪問してきたときの写真です。

海援隊海援隊海援隊

海援隊海援隊海援隊

 

コールマンも少しあります。あっアーク316もあり!!

海援隊海援隊海援隊海援隊海援隊

 

ジェネレーターからバルブまで作っちゃったそうです。

海援隊

 

ペトロマックスの1号モデル

海援隊

 

オプティマスの1号モデル

海援隊

 

コールマンの242系を真似したホエーブスとか。

海援隊

 

ぱっと見は自然給油のハリケーンですが、これでも加圧式ランタンです。

海援隊

それでは、海援隊様をどうぞよろしくお願い致します。

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

 

全国の大王マントル取扱店はこちら

 

おわり

ばいてん 区切り 15:21 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

男の秘密基地!

このたび、菌玉病患者4号様の、偉大で、壮大な、ほんとうは変態でびょー的な「男の秘密基地」の写真提供がありましたので、ここでご紹介します。

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

1点1点、超レアな、非常に状態の良いコールマンが、基地内に配置されています。また古い真空管アンプのステレオセットや雑誌など、一般人にとってはガラクタかもしれない、いや、お宝が、わんさとあります。それでは写真をどうぞ。解説はコールマンだけね。

 

秘密基地エリアその1
左より、エアーオーA前期型 、コールマンアークランプ、スペシャルR,パーラーランプ、CQクイックライトランプ、エールアーク、下に行って、No.1 or No.2ストーブ。コールマンだけで高級国産車は買えちゃいます。また写真ではほとんど見えませんが、地震で倒れないように「ワイヤー」を張り巡らせています。

 

秘密基地エリアその2
左より、ナショナルアーク、初期ロットアーク316(コールマン大学では#1アークに分類)、アーク316、木製パーツラック、ヒーター(コールマン製?)、238、LZなどのクイックライトランタン。上に行って、サインボード(状態ええですね〜)。

コールマン秘密基地

 

菌玉3兄弟
これらはebayとかで普通に買えないものばかり。菌玉病の末期症状がここまで揃えさせてしまった恐ろしい病気です(笑)。再度の解説になりますが、左はナショナルアークで生産台数は1000台以下、コールマンがかかわっていない唯一のアーク。真ん中は初期ロットアークで、とにかく「こんなんあったん?」というくらい超超超レア。そんでオリジナルの喋々型ナットがすてきな、世界で2-3台くらいしかないやつです。右は点火数回の超ミント品アーク316で、こんな状態の良いアークが残っていたとは、と思ってしまう、すげ〜やつです。
下段の写真は、20年代のパーツボックス。これも状態ええ〜。さりげなく初期アークのバーナーがあるところなんか、もうびょーき。それにポンプ下に、白い手袋が見えますが、これは指紋などの皮脂をつけないように、触るときにはめるのでしょう。さすが変態。

コールマン秘密基地

 

ナショナルアーク
先の解説のとおり。右ラックの一番上段中央に、20年代のガソリンポンプがあります。これは車のガソリンタンクからガソリンを汲み上げるためのポンプ。さりげなく、いいものがある、うむ。(補足:昔の米国産ガソリンは、上辺のきれいなガソリンを添加物なしで普通に車で使っていたため、ランタンやストーブでも使えました)

コールマン秘密基地

 

初期ロットアーク(#1アーク)
こちらも先の解説のとおり。アークランタンスタディでは徹底的に分析し記事にしています。また、ペーパーウェイト(文鎮)のミニアークも揃えて飾っているところが、いいですね。

コールマン秘密基地

 

ミントアーク316
こちらも先の解説のとおり。インナーチムニーには、なにやら番号の印刷がありますが、詳細は不明です。また写真では見えませんがフレームボトムには319と共用パーツだったのか、切れ目があります。このアークを間近で見れば、工場出荷時に近い状態を確認することができます。思わず合掌です、ち〜ん。

コールマン秘密基地

 

エールアークとソーラスストーブ
こちらも状態がいいですね。ソーラスを支える3本の支柱は猫の手で、ここもしっかり押さえています。

コールマン秘密基地

 

コールマンの最高峰、アークランプとパーラーランプ
アークランプは欠品なしの、当時のオリジナルメッキそのまんまです。ピカピカ好きな米国人はたぶん剥がして再メッキをするでしょうが、日本人とは価値基準が異なります。もちろん我々はこのままが好き。右は緑本にも掲載されていない、こちらも超レアなパーラーランプ(クイックライト)で、20年代の最高峰のランプです。生産台数は約800台。兄弟機のデラックスクイックライトの半分以下の生産台数です。おそらくパーラーの生き残りは10台ないでしょう。

コールマン秘密基地

 

スペシャルリーディングRとエアーオーA前期型
ロンボワァーズはこのRを「スペシャルR」と言います。確認されているのはこの1台だけ。すごいRです。右は、これまた状態のいいA前期型。緑の306シェードが似合います。

コールマン秘密基地

 

20年代のツーバーナーストーブとヒーター
ストーブはNo.1か、No.2です。No.1にはスタンドが付属しませんので、No.2かと思います。タンクにタグは付いています。とにかく、ここまで状態の良いオリジナルのNo.2ストーブは見たことがありません。右のヒーターはちょっと不明。

コールマン秘密基地

 

アークランプのオリジナルカタログとソーラスストーブ
本場ウィチタの博物館にも所蔵してない、コールマンアークランプのオリジナルカタログです。価値的にはこれだけでも十万は超えるかかもです。写真では見えませんが、アークランプのキャンドパワーは750CPと記載があります。うーーん、日に焼けてしまうので、カラーコピーしたものを飾って、オリジナルは暗室に保管してください(希望)。ソーラスは未点火品ですね。

コールマン秘密基地

 

サインボートとカタログたち
このボード、ほぼ完璧な状態です。秘密基地に、とっても似合います。下段のカタログ類で、一番左は当時としては珍しいカラーです。またその右横は、ハイドロカーボン時代のものです。これだけも、非常に価値があります。

コールマン秘密基地

ということで、4号様、写真ご提供ありがとうございました。男の秘密基地、すごかったです!こんど菌玉病患者様を集めて、ツアーを組むかもです(笑)。

ブログ応援ポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

おわり

友だちのコールマン 区切り 13:36 区切り comments(10) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/79PAGES + >>

ブログの感想・問い合わせ

大学のばいてん

ばいてんヤフー店

ばいてんアマゾン店

ばいてんヤフオク店

大王マントルHP

最近の記事

カテゴリ

今までの記事

最近のコメント

ブログランキング

人気ブログランキングへ

アクセスカウンタ

Translate

友だち

自己紹介

モバイル

qrcode