イメージツールバー&右クリ無効

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

米国出張その2

6月の東海岸に続き、今回は西海岸のシアトルへ出張で行ってきました。もちろん今のビジネスのためでもありますが、シアトル近郊のコレクターグループに会うためでもありました。今回は、たくさん写真を載せながら、記事にしますね。

 

今回も名古屋セントレア発、成田経由のシアトル。米国内での乗換えがない+成田から9時間弱で到着するので、東海岸と比べ、とても楽でした。ちなみに服は疲れないジャージです。

 

タコマ国際空港到着後、シャトル電車?に乗り、ダウンタウンへ向かいます。小さい電車のせいか、あれ?日本の電車に乗っているようでした。その後、ははぁー、お登りさんのため、見事に乗り過ごし、終点まで行っちゃいました。

 

途中、シアトルのダウンタウン(中心地)が見えます。左のドームは、イチローがいるセーフコフィールドです。すげー、初めて見たー。

 

シアトル中心の街並み。日本の大都市のように人で溢れていません。綺麗だし、なんか、いい感じ。

 

早速シアトル名物のパイクプレイスに行ってきました。要は市場です。

 

ここが有名な空飛ぶお魚屋さんです。店員さんが勢いよく魚を放り上げるんですね。でも見れなかった。

 

地元の野菜も売っています。この色彩がとても綺麗だったので、思わずカシャ!

 

市場を少し出れば、海が見えます。

 

お魚市場を見ていたら、なんか魚が食いたくなってきまして、夜はシアトルでは有名な寿司屋「しろ寿司」に行ってきました。オーナーが日本人、予約も店内も日本語でOK。板さんは外人でしたが、日本で修行したのでしょうか、日本語で話しかけてくれました。んで、驚いたのは、このネタは、熊本産とか、瀬戸内から来たとか、言って握ってくれました。日本から取寄せているんですね。店内は常に満席。寿司にはまった外人が一人で食べに来た人が何人かいました。女性もひとりで・・・すげー。

 

まだ全然仕事やってません。2日目はこれまた有名なスポット「スペースニードル」です。曇っていたし、入場料が日本円で4千円っくらいだったので、見ただけです。

 

こんなモノレールでスペースニードルに行きます。

 

なに、ダイソー?! 日本の100円商品だらけです。

 

お昼は、先の市場近くでチャウダーを食べに行きました。人気店なのか、開店前から、この行列。平日ですよ。

 

食べたのがこれ! 海の味がします。めちゃうまかった。

 

2日目の午後、やっとメンバーの一人に会えました。カナダのバンクーバーから会社休んで来てくれました(4時間半)。時間がかかった理由は、この日にカナダでマリファナが合法になって、国境チェックがめちゃ厳しかったとか。早速彼の車に乗ってシアトルを北上(来た道をまた戻ります・・・いや、申し訳けない)。

 

途中、コールマンのアウトレットに立ち寄り。ここの店員さんも同じグループのコレクターさん(若者)だったのだ。それで、ちょっと欠品になっていたのもを大人買い。

 

コールマンって、バイクも売っていたの?

 

ちょっと緊張で写真取り忘れで、雰囲気が伝わらないですが、コレクターグループPNWのメンバーの方々と一緒にアメリカンレストランにて、テーブル囲み食事です。シアトルのクラフトビールを飲みながら、私はハンバーガー、ボリュームあって、うまかった。特に肉パテ。

 

彼がカナダのバンクーバーからシアトルまで向かいに来てくれたnate、日本通です。ダイエット中でサラダを食べています。

 

もう顔出しです。食事後の写真。PNWは50人ほどのメンバーで、この3名で発起したとか。全米ではICCCに次いで大きなグループで、年に1回はキャンプミーティング、もう1回はホテルの会場を借り切って、コンベンションを開催するとか。是非参加してみたいです。あっ、仕事はちょっとしましたよ。

 

3日目は、別のコレクターに会いに行きます。行く途中で、郊外のスポーツショップに立ち寄りました。でかい!飛行機がぶら下がっています。

 

アメリカなので、銃が普通に売っています。実物初めて見た〜。

 

到着。のどかないい場所です。

 

さあ、ここから彼の地下の秘密基地を紹介。

おーーーー、超レア314シリーズの傘です。星マークのすりガラスの傘は、他に実在確認なく、世界でこれ1個だけだそうです。

 

ちなみに、同じ傘があるので、彼にスタディキャンプの、この写真を見せたら、「君たちバカか(こんな危ないところに飾る勇気はない)」と言われました(笑)。

 

ビックシングル236や237の先祖のモデル、223と225、奥も同じく223と225。たぶん、世界で2-3台。奥はこれ1台?・・・まいった!

 

246である、246Bではない。これも世界で2-3台。ちなみに、国内では変態様が246を所有しています。

 

にわとりもコンプリート。レターもきれいに残っており、コレクションのこだわりが分かります。

 

何の変哲もない60年代の220モデル。いやいや、これが、とても&とても、すごいモデルなのだ。聞いて驚かないでくださいね。Gなんです。今まで歯抜けだったGモデルが出てきたんです。220G! 彼曰く、試作機とのこと。チップクリーナーが特徴的です。あっ、これは箱付きのミント品でした。

 

日本のシーズンズも集めています。2回ほど送ったのだ。

 

カナダCPRランタン。コールマンとの契約が終わり、回収されたもの。CPRのエンボスをこのように隠して、売ったとか。物語がありますね〜。

 

でた〜。よく見るLQ427ではありません。427のファーストモデルです。緑本のイラストしかありませんでしたが、ここに実物があります。ツーバーナーストーブNo.1とNo.2のポンプ構造が一緒で、圧抜き弁(見えませんが)あり、エアーステムを持っていません。100万かな?いや、もう値段はつけれないでしょう。

 

花瓶シリーズのランプ。割れ物なので、生き残りは少ないなか、コンプリート。レアな3マントルモデルもあり!すごい。

 

彼の地下の秘密基地。いいなー、アメリカは広くて大きなお家だから。

 

 

私に見せたいものがあると、探しまくっていましたが、結局見つからず。

 

映写機ランタン。どうも南米からでるらしい。

 

コールマンオリジナルの逆さランタン。ウィチタのコールマン博物館にあったものだとか。友だちが博物館に貸し出していたこれを譲り受けたとのこと。

 

200USAのスペシャルモデル

 

202のスペシャルモデル

 

何気なく250天井もある。ちょっと片付いていないのは、ここに引っ越して日が浅いとか。

 

在庫部屋・・・ここもすごかった

 

彼とツーショット。お仕事のお話も少しだけしました。

 

最後に、本物の銃を持たせてもらいました。もちろん、玉抜きで。裏手が山なので、コヨーテ(ペットの猫を襲う)とか鹿(畑の野菜を食い散らかす)、時には熊(人を襲う)が現れるので、銃を持っているとのこと。でもまだ実践はないとのことでした。

 

以上で仕事終わり。

 

最終日は、空港近くにホテルを取り、ちょっとしゃれたアメリカンレストランで夕食。こんなカウンター席でした。

 

地のクラフトビールとアメリカンステーキ、ポテト添え。ステーキは5千円くらい。日本と比べたら、高いですが、こちらでは普通です。

 

帰国直前の朝食。典型的なメニューで、どこへ行っても、ほぼ同じ。バイキング形式ね。

 

タコマ国際空港にて・・・あーー日本語だ、ちょっと安堵。

 

中部国際空港到着。ここに最近シアトルテラスなるものができたとか。行ってみると、こんあジャンボ機がどーんとあり、周りにシアトルで有名なレストランが出店しているって。1日目に行ったすし屋とか、2日目にチャウダーもあり。なんや、日本で食べれるやん。

 

とうことで、現地のチャウダーがあまりにもおいしかったので、こちらに行ってきました。

 

見た目は本場と違いますが、現地からチャウダーを冷凍して持ってきているんだって。下のコースで1080円。味はほぼ同じでした(本場よりちょっとしょっぱいかな?)。空港は車で行けるので、また行きそうです。

 

おわり。お疲れ様でした。次は、五大湖あたりを計画中。

訪問記 区切り 18:35 区切り comments(6) 区切り trackbacks(0) 区切り

大王マントルロゴデザイン

大王マントルロゴデザインを新しくします・・・・プロにお任せ中

 

完成後、発表しますね。

 

マントル スタディ 区切り 01:27 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

ビブラント名古屋店様

さてさて、今月下旬に、東京の二子玉川にありますビブラント様が、な・なんと名古屋店をオープンされます。

プレオープン:2018/9/25(火)-27(木)

グランドオープン:2018/9/28(金)・・・・終日お手伝いとして、店頭に立ちます。できるかしら?

場所:名古屋みなと 蔦谷(つたや)書店内 本が並ぶフロアー内にあり 1Fです
   名古屋市港区港明二丁目3番2号 地下鉄:港区役所駅 徒歩2分 東海通駅 徒歩3分

今日は、名古屋店でも販売して頂ける大王マントルを納品してきました。大王マントルは、スタンダード版となり、新しく生まれ変わっています。

 

名古屋市港区役所の向かいにあります。同じ敷地内にLaLaportというモールもあり、家族でも楽しめそうです。

ビブラント

 

2階から撮影。階段下にスタバもあります。

ビブラント

 

お店はこんな感じ。お店の前にも普通に本が並び販売されています。ネイチャートーンズさんもこちらでテーブルなどを販売します。

ビブラント

 

新しく生まれ変わった大王マントル スタンダード版

ビブラント

 

今までの大王マントルも販売。*スタンダード版はラベルにタイトルを記載しています。

ビブラント

 

メンテ済みのランタンたち。

ビブラント

 

ストーブやネイチャーさんのおしゃれなテーブルもあり。

ビブラント

 

名古屋でも、気軽に大王マントルが店頭で購入できます。よろしくお願い致します。

 

おわり

訪問記 区切り 01:04 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

米国出張

6月の最終週に米国の東海岸に出張してきました。東京・大阪はちょくちょく行きますが、今回は初の海外でした。それでは、写真をどうぞ。

富士山を見下ろしながら、ひとまず成田へ。現地までは一人旅なのだ。

 

国際線はこんな感じ。隣の米国在住カンボジアのにーちゃんと私のへたくそ英語で会話。40歳の彼、故郷で27歳の女性(学校の先生)と婚約して、アメリカにつれていくって・・・もうデレデレでした。

 

ワシントンのダレス空港で乗り換え。早速iphone使いたくて、イモトwifを・・・あれ?つながらず。東京デスクに電話かけて聞いたのだ。もちろん、電話代はこちら負担。もう、説明書が悪い。ということで、下は目的地の空港。平日だし、特にイベントもなく、ガラガラでした。

 

現地で相棒と待ち合わせ。予約しておいたレンタカーを借りる。運転手は相棒です。

 

アメリカの道こわ〜。車線が逆。とっさのときは絶対に日本の慣れた左寄っちゃいそう。

 

ちょっと時間があったので、のどか沸いたし、Walmartに立ち寄り。

 

へーーー、でも、日本と変わりない。

 

キャンプコーナーに行ったけど、全然面白くない。コールマンはマントルがあったくらい。で、撮影できなかったが、この隣に銃コーナーがあって、そっちの方が気になったのだ。

 

お一人目コレクター訪問。3時間くらい会話しました。もちろん、細かいことは相棒が通訳。有意義な時間を過ごせました。

 

お庭広いし、きれい。でも蚊がいたのだ。

 

お二人目以降の訪問は割愛。

 

予定の方々とお会いできたので、最後の日は大西洋ビーチでバカンス。時期的には少し早かったのですが、それでも観光客はそこそこいました。

 

このストリート、何キロあるんだろうと思った次第です。向こうが見えないほどです。

 

大西洋だぁ〜〜〜。生まれて初めて。泳ぐ方は数人でした。海水触ってきたどぉ〜

 

ホテルは、海のそよ風が吹く、海が見えるホテル。いや、設備は古ぅ〜・お宿代高ぁ〜でした。まあ、シーズン料金だったし、これもアメリカです。

 

食事に出かけたところ、ちょっと変わったバスが走っていた。これでも路線バスです。

 

食事です。ガラスの向こうで、おじさんが生演奏中。

 

ビーチだし、生ガキとフィッシュ&チップス(イギリス名物ですが)を食べました、カキは日本の方がおいしいかと。でも、ポテトはどこのレストランでも旨かった。

 

帰りの飛行機の中。エコノミー狭ぁ〜。今度はマイルためて、ビジネスクラスで行くぞ。

 

成田到着。お米が食いて〜。そのまま寿司屋に直行すますた。

 

今年後半も西海岸に行く予定です。

 

メモ

・Estaとか、お金もいるし、ちょっと面倒な手続きを渡航前にする必要がある。

・最近は、入管前に、パスポートチェック(顔写真とか)をマシンでやる。東欧はまだまだ。

・米国の入管でビジネス目的と告げたら、細かく聞かれ、最後になって、俺に荷はどこ?

・ネイティブ英語なんで、半分くらいしかわからんかったのだ。

・もう現金を持ち歩かない。なんでもクレジットカード。チップもカード払いです。

・レストランテーブルにも、カードリーダーがあり、その場でお支払い。

・Walmartのレジでも、マシン相手に、カードで支払うのだ。最近は日本にもあるか。

・安いものは、めちゃ安い。でも食事は高め。でも量が多いのだ。

・デザートでアイスクリームを頼んだら、3玉+ハチミツ+チョコソースのてんこ盛り。

・デブになって帰ってきました。

 

↓↓↓↓↓↓
コールマン大学

【ばいてんの宣伝】
今回米国より持ち帰ったコールマンアイテムを販売中。あまりにたくさんだったので、全部は出し切れていません。順次出品していきますので、どうぞ、お越しくださいね。
↓↓↓ ショップご紹介 オールドパーツ取り揃えています ↓↓↓

オールドコールマンばいてん

訪問記 区切り 00:50 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

お客様のランタン 題して"Coleman trout lantern"

なんじゃこれは、はじめてみた〜。

お客様のランタン、題して"Coleman trout lantern"です。troutは、お魚のマス。マスランタンです?!

 

あっ、わかった。マス釣りをするために、陸か船から点火部分を水辺に出すようになっているんだ。あたっている?

Coleman trout lanternColeman trout lanternColeman trout lanternColeman trout lanternColeman trout lantern

友だちのコールマン 区切り 18:01 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/81PAGES + >>

ブログの感想・問い合わせ

大学のばいてん

ばいてんヤフー店

ばいてんアマゾン店

ばいてんヤフオク店

大王マントルHP

最近の記事

カテゴリ

今までの記事

最近のコメント

ブログランキング

人気ブログランキングへ

アクセスカウンタ

Translate

友だち

自己紹介

モバイル

qrcode